読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と正面から向き合う雑記ブログ

「この世の中、金で解決できる悩みがほとんどだ。」という現実に正面から向き合うブログです。

Windows Vista サポート期間終了。期限が切れたPCをLinuxにするのか?年賀状専用機にするのか・・・。

2017年の4月11日をもって、Windows Vistaのサポート期間が
終了しました。

 

サポート期限が今年までだという事はわかっていたのですが、
まだ大丈夫だろうと思っていたら・・・・終了していました。

 

うちのメインPCはVistaなので、思いっきり焦っております。

 

とりあえず、サブのノートパソコン(Windows7)を
メインに昇格させて使っているのですが、Vista・・・どうしよっかな・・・。

 

というのが、今日のトピックでございます。

 

XPの時の大騒ぎはどこへやら・・・

 

今回のVistaサポート期間終了についてですが、
あまりにも静かといいますか・・・。

 

ほとんどニュースにもなっていませんね。

 

Windows Vistaは、シェアが約1%という事で、
すでにサポートが終了しているWindowsXPが、

 

未だにシェア10パーセント近くあるという事を
考えると、非常にマイナーなOSと言えるでしょう。

 

色々とニュースやら、広告出してまで、
買い替えキャンペーンをしても、XPの時のようには
儲からないという事でしょうか。

 

ああ、不遇のVista

 

買った時にゴミみたいに詰め込まれた、
クソソフトを全部削除したら、結構使えようになったんですけどね。

 

評判悪かったからなあ・・・。

 

サポート期限の切れたPCの使い道は?

 

サポート期間が終了してしまったPCは、
セキュリティーの問題もあり、ネットにつないで使用するのは、
非常にリスクが高いとのこと・・・。

 

困りましたね。

 

ネットに接続して使う用途の方が、どう考えても多い訳です。

 

オフラインで使える事と言うと・・・。

 

 

1年に1回、年賀状を印刷する

 

これです!

 

年賀状専用機Vista! 

 

響きがかっこいい。昔流行った?ワープロですね。ワープロ

 

Vistaさんの定年退職後のアルバイト的感じか・・・。

 

将棋ソフトと麻雀ソフトをインストールして「じいじ」にプレゼント

 

う~む。いっそプレゼントしてしまおうか。

 

オフラインでしか使えないという事は・・・。
そうだ!囲碁将棋ソフトでおじいちゃんに遊んでもらおう。

 

 

でも確かうちの実家には、すでに現行最新のWindows10が
あった気がしますね。いったい何に使っているのか分かりませんが。

 

 

もったいないので、再生したい!

 

当時20万以上出して買った訳です。

自分の使用用途だと、まだまだ問題なく、全然使えています。

 

このまま、定年退職ではあまりにももったいないし、Vistaが不憫です。

 

そこで、家のVistaを再生、生まれ変わらせようと決意しました。

 

 

Linuxをインストールして再始動だ

 

Vistaがもう使えないのなら、OSを変えてやればいい。

 

ここのところ色々と調べて、
そういう結論に達しました。

 

Windows10にアップグレードという手もありますが、
有料ですし、前から、Windowsのやり方が
あまり好きではないので、できればこれをきっかけに

 

Windowsさんと、徐々に距離を取っていく方向で
考えています。

 

となると、考えられる選択肢は一つ。

 

Linuxです。

 

Linuxは無料ので使えるOSです。
種類も非常に豊富で、古いPCでも
軽快に動くものも、あるみたいです。

 

素晴らしい。

 

これで、数年ごとにPCを買い替えさせられる理不尽な
ループから脱出できるかもしれません。

 

という事で、「VistaLinux化計画」が始まりました。

 

つづく