読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金と正面から向き合う雑記ブログ

「この世の中、金で解決できる悩みがほとんどだ。」という現実に正面から向き合うブログです。

デービット・ロックフェラー死去:安楽死との事だがクローンで若返り・・・なんて可能性をついつい考えてしまう。

2017年3月20日、アメリカの大富豪、D・ロックフェラーさんが
亡くなったという訃報ニュースを読みました。

 

享年101歳との事。大往生ですね。

 

1915年、ニューヨーク生まれ、銀行家、実業家であり、

石油事業を独占し、覇権を握った石油王「ジョン・ロックフェラー」の
孫、ロックフェラー家第3代目当主です。

 

参考までに略歴です。

 

【氏名】 デイヴィッド・ロックフェラー

【誕生】 1915年6月12日

【享年】 101歳(2017年3月20日)

【出生】 アメリカ合衆国

【主な学歴】 ハーバード大学

【職業】 政治家・銀行家

【その他】 共和党

 

 

ロックフェラー家と一族の家長の中でもっとも長生きをなさったとの事。

 

この方、いわゆる「陰謀論」では、なんというかすさまじい言われようの方で、
アメリカに敗戦した日本は、実質、このD・ロックフェラーの「私物」「戦利品」
などとまで言われる程の権力者です。

 

最後は、ニューヨーク州ポカンティコヒルの自宅にて、睡眠中に「安楽死」されたということです(AP通信配信)。

 

一説によると、このロックフェラー氏は、過去6回もの心臓移植を行っており、
不老不死の研究や、あるいは実践もしていたなんていう噂話もあります。

 

私などは、もうとっくにクローンで若返っていて現在も・・・などとついつい
考えてしまいます。

 

6回もの心臓移植をするほどの生への執着を持った方の、最後の決断が
安楽死というもの、にわかには信じがたい様な・・・あるいは、意外とそういうもの
なのかなとも思ってみたり。

 

アメリカは、トランプさんが大統領になり、トランプのバックには、
このデビット・ロックフェラーの名代である、キッシンジャー博士がついている
という話があります。

 

そして、このデーヴィット・ロックフェラーから既に、ジョン・ロックフェラー4世
(ジェイ・ロックフェラー)に実権が移っているのではないかという推察も
ちらほらとネットで見かけるようになっていました。

 

昨年、今年といくつかの株式に銘柄の動きも、ロックフェラーの遺産相続に関わる
資金圧縮ではないか?などという噂もまことしやかに流れていた中での、
今回の訃報のニュースでした。

 

正直なところ、私には伺い知る事の出来ない様な世界の話ですが、
少なくとも、日本という国は、常にアメリカの御意向の影響を受ける
訳ですから、そういう意味では、私たちの生活にも影響がないとは、
言えない話ですね。

 

ここ最近、以前だったら、到底テレビなどでは、放送されなかったであろう、
森友学園がらみの安倍総理に関するニュースも盛んに流されるようになって
来ました。

 

こういった事も、アメリカの状況の変化とまったく無関係ではないような気がします。

 

取り敢えず、何が言いたいかというと、デビット・ロックフェラーさんが
映画「ルパン3世VS複製人間」に出てくるマモーみたいになって現在も
存命されていたら、本当に怖いなと(笑)

 

絶対にやすらかにお眠り頂きたいところです。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

今まで支払った家賃総額~家賃が高すぎるのでなんとかしたい。

こんばんは!ゴールドパンプキンです。

 

このブログは、私のお金に関する悩みや、その対処法などを、思いつくままに書いて行くというコンセプトで開設してみました。

 

その後1週間考えてみた結果、

 

「やっぱりお金の話以外にも、思いついた事は全部書きたい。」

 

という事で、ブログ名を「お金と正面から向き合うブログ」から、

 

「お金と正面から向き合う雑記ブログ」にかえました。

 

これで、なんでも思いつくままに書けますね。

 

これから、この、はてなの片隅で、お金と、それ以外の思いついたことを何でも叫んで

 

行く予定です。どうぞ、よろしくお願いします。

 

さて、前置きはこれくらいにして、今日のテーマに行ってみます。

 

今まで支払って来た家賃総額がいくらかざっくり計算してみた!

 

お金の悩みって、大きく分けると2種類あると思うんです。

 

本質的には、1種類だけど、それを大きく2つに分けると、

 

  1. 稼ぎ(収入)が少ない
  2. 出て行くもの(支出)が多すぎる

 

この2つです。お金の入り口、入って来る方と、

 

出口、つまり、出て行くお金。

 

この2つのバランスが崩れると、お金の悩みが発生します。

 

1<2 となってしまった時が一番深刻ですよね。

 

要するに「金がねえ~!!」って状態です。

 

できれば、こうなる前に、色々と対策したいところです。

 

1が無限大に多ければ、2については特に考える必要はないかもしれません。

 

つまり、出て行くお金、支出を減らす努力なんかとは、無縁の生活です。

 

ところが、非常に残念なことですが、私、ゴールドパンプキンの場合は、

 

しっかりと、2についても考えないと、やっていけないレベルの生活を

 

営んでおります。

 

毎月の経費(固定費)の中でナンバー1は家賃

 

私の場合、18歳で1人暮らしをはじめて、賃貸暮らし約20年となって

しまいました(涙)

 

今までの人生で、私はいったいいくら家賃を支払ったのでしょうか。

 

正直言って、あんまり計算したくない。現実と向き合うのがこわいですが、

 

本ブログ「お金と正面から向き合う雑記ブログ」のタイトルの名に

 

恥じないよう、しっかりと計算してみます。

 

18~22歳までは、学生で、親に仕送りをしてもらっていました。

 

本当に有難い事です。なので、この4年間は、自分の財布の中身は減らなかったので、

 

計算から除きます。

 

最初の4年間 

最初の4年間は、家賃4万円(管理費込)でした。地方の大学を出て、

 

初の東京、いわゆる上京ってやつですね。当時は、

 

「スゲー、おれは、東京で一人暮らしだぜ~。」ってわけもわからず、

 

テンションあがってました。最初の半年だけですが。

 

ものすごいぼろアパートで、「トイレ共同」「風呂シャワーなし」でした。

 

支払った金額は、4×12ヶ月×4年で、192万円。

 

敷金礼金などいれるとほぼ200万円です。キリがいいですね。

 

次の8年間

 

4年間住んだあと、引越しをしました。

 

ちゃんと家で、風呂に入れる。女の子が部屋に遊びに来ても大丈夫な

 

レベルのところに住みたかった。それが大きな理由でしたね。

 

家賃6万円。はっきり言って、それでもボロアパートです。

 

一応、使い勝手の良くないユニットバスがつきました。

 

自分的には、トイレが共同でなくなっただけでも、随分な進歩でした。

 

月に6万円なので、年間72万円×8年分の支払いをしました。

 

支払った金額は、576万円。

 

その後、今に至るまで、約5年間

 

結婚して、もうちょっとまともな所に住みたいという事で

 

引っ越しました。家賃9万2千円。

 

一気に跳ね上がりましたね。東京ってなんでこんなに家賃が高いんだろう。

 

あんなウサギ小屋みたいなところにこんなばか高い家賃はらう奴の気がしれません!

 

・・・・自分の事です。

 

ほんと、冷静に考えると何かがおかしいと思ってしまいます。

 

みてろ。今にこの状況を打開してやる!

 

・・・・で、支払った金額は、9.2×12×5(年)で、552万円です。

 

現在も支払続けているため、今後も増え続けます。

 

本当に恐ろしい。

 

総額を計算してみると、200+576+552(万)で、

 

合計1328万円

 

この金額、今後も賃貸に住み続けるかぎり、着実に増えて行きます。

 

この高すぎる家賃(私にとってはですが)をなんとかする事で、

 

お金の悩みが一つ解決しますね。

 

やはり、引っ越して家賃を下げるか・・・。

 

ローンで家を買うというのは、結局支払先が大家さんから、

 

銀行に変わっただけで、搾取される構図に変わりはない気がします。

 

30年ローンとか組むと、1000万円以上利子で、銀行のために

 

働いてお金を献上せねばなりません。

 

自分の場合は、ちょっとそれは、無理です。

 

なので、地方の安い中古戸建を現金で買うという事を

 

考えています。

 

当然、仕事との絡みがあるので、これがまた難しいところです。

 

他にも色々と高いハードルと現実が待っていそうです。

 

ただ、このままいつまでもダラダラと家賃を払い続けるのは御免です。

 

そろそろ行動に移すべき時が来たと感じています。

 

ああ、失われし1328万円よ・・・(涙)

 

この我が家の家賃問題、なにかしら進展があったらまたブログに書きますね。

 

それでは、今日はここまでで、おやすみなさい。

私の悩み=お金の悩み

はじめまして。突然ですが、お金の悩みに関するブログを始めようと思います。

 私の名前は、ゴールドパンプキンです。はてなブログの読者さんは、頭の良い方が多いので、もう気づかれた方もいらっしゃると思いますが、本名ではなく仮名です。

 

私の悩み≒お金の悩み

この頃ふと思いました。

私の悩みって、基本お金の悩みでしかない。

世の中お金がすべてじゃないと言います。

その通りかもしれないけれど、少なくとも私の場合、お金があったら、問題はみんな解決してしまいそうです。

悩みその1 以上に疲れている。好きなだけ寝ていたい。

なんか私、最近疲れてます。出来ればもう好きなだけ寝ていたいです。ところがです。こんな簡単なことができません。なぜならば、働かないと露頭に迷ってしまうからです。

ところがどうでしょう。もしもお金が潤沢にあれば、いくらでも寝ていられます。場合によっては1年ぐらい寝ていてもいいでしょう。多分飽きると思います。死ぬまでに一度は飽きるまで寝てみたいものです。

お金さえあれば、私のこのささやかな願いも、きっと叶えられるでしょう。

 

悩みその2 自分の家に住みたい。

私は、働き出して早、10数年が経とうとしています。その間ずっと賃貸暮らし。全くもってうだつのあがらない人生です。何度も勢いで、ローンを組んで家を買おうかと思いました。

でももしも、そうやって家を買ってしまったら、もう残りの人生死ぬまで働き続けないとだめな計算です。それは無理だと思いました。

もうちょっと稼げてさえいれば、こんなクソみたいな悩み、瞬速で解決です。

 

悩みその3 うんこをするだけで金がかかる。

いっそ、お金なんかなくても生活できるようになりたいと、自給自足に憧れたりもしました。ど田舎に安い土地を探して畑でもやって生きて行こう。そんなふうに思ったこともありました。

面倒くさがりな私ですが、その時は結構真剣に土地を探し、どうにか買えそうな予算の土地を見つけることができました。ここに畑と家を作れば、もう金なんかなくたって、生きていける。

本気でそう思っていました。でもそうではありませんでした。毎年の固定資産税。自分の土地なのに毎年お金がかかる。こんなもん、実質賃貸じゃないかと思いました。

それだけでは済みません。家を建てたら家にも固定資産税がかかります。さらに、田舎だったので、下水道もなく、合併浄化槽が必要だそうです。合併浄化槽を設置すれば、毎年の点検だの何だので数万円。どうやらこの国では、金のない奴には、うんこすらする資格がないようです。

食べ物を買うのにお金がかかり、うんこをするのにもお金がかかる。それがこの世の中の仕組みだったのです。

食べ物完全に自給したって、お金がなければ生きていけない。自分の土地を維持することすらできないという現実に、私は打ちのめされました。

そうだ、お金稼ごう

私は思いました。これはもう稼ぐしかないと。これから修行を積んで、一切食べ物を食べなくても、うんこをしなくても生きていけるようになったとしても、法律が変わって、息を吸うのに税金がかかる様になってしまったらおしまいです。

自分は多分、息をしないで生きていけるレベルにまで到達できる人間ではないと思います。というか、それよりも普通にお金を稼ぐほうが、はるかに簡単な気がしてきました。

そうだ、お金稼ごう。

お金を稼ぐ事=正義

なんだかんだ、お金を稼ぐということに対して、罪悪感にも似た気持ちを持っていました。これは何なんだろう?どこで刷り込まれたものなんだろう?

そんなことをぼんやり考えている時、ふと思い出したことがありました。学校の教科書、国語の授業です。

 

「ジョイヤサー。ジョイヤサー。」

 

そんな物語を国語の授業で何度も朗読させられました。この話、貧しい正直者のおじいさんおばあさんが、なぜか動くはずもない地蔵に食べ物を恵んでもらうという、現実世界では起こりえないファンタジーものでした。

あの物語は一体何が言いたかったのでしょうか。「貧しくとも正直に生きていれば報われる。」という大ウソを宣伝するためのステマだったのでしょうか。

現実世界では、地蔵は動きません。これは絶対です。おじさんは、年の瀬に、わらで傘を作って持っていきましたが、全く売れずに帰ってきました。

物語の中ならばそれでも良いかもしれませんが、現実の世界では、ただのアホです。

雨や雪が降ったときに、タイムリーに傘を売れば、多分売れたと思います。商売の基本です。こんなことは、新宿のホームレスのおじさんだってやっています。

私は、この物語に出てくるおじさんになるくらいだったら、どことなく悪者として扱われている、金持ちの庄屋どんになりたい。

そう固く決意しました。

お金を稼ぐ事から、逃げない。向き合う。

そんなお題で、これからこのブログの記事を書いていこうと思います。